スポンサーサイト
【 --/--/-- --:-- 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
片手vs両手
【 2008/11/28 18:38 】
更新放置ですいません<>

暇だったんで、片手vs両手について考察してみました
正確には、ファルシvs砕骨です
ホンテネックなしの状態だと片手剣士は、素4、STR型装備と
圧倒的に有利なんですが、ホンテネックに心臓2個もつけば
素4・STR型装備を維持した状態で、砕骨を装備出来ます
その点をふまえた上で、心臓2個ついた状態で、片手剣士は
どこまで砕骨にくらいつくことが出来るのか?

※英雄・パラしか関係ない記事なんで、つまんないかも(笑)

素材は


片手 攻撃127 STR17 ファルシ
盾   攻撃022 STR12 メイプルシールド


両手 攻撃127 STR15 砕骨

を材料とします

俺の装備で計算するんで、総攻撃力によっては、多少の違いはあるかも?

両手剣士(ネック+2)※168Lv時

攻撃力 3671~6649 [ノーマル]
攻撃力 3979~7220 [MH20]
攻撃力 4299~7788 [みなぎり]
攻撃力 4660~8456 [MH20+みなぎり]

片手剣士(ネック+2)※168Lv時

攻撃力 3750~6773 [ノーマル]
攻撃力 4059~7344 [MH20]
攻撃力 4308~7781 [みなぎり]
攻撃力 4663~8437 [MH20+みなぎり]

ってな具合になりました

重要なところは、ノーマル・MH20時のときは片手のが勝ってるのに
みなぎりを使用するとほぼ並ばれ、MH20とみなぎり使用時には
逆転されてしまう部分です

片手と両手にとってMHは差をつける効果はほとんど無く、
みなぎりによる攻撃力増加がこの逆転現象を生んでいるようです

参考程度に①のファルシだと攻撃いくつの砕骨なのかも記載しときます

【約129.7砕骨】 攻撃力 3750~6773 [ノーマル]
【約129.5砕骨】 攻撃力 4059~7344 [MH20]
【約126.8砕骨】 攻撃力 4308~7781 [みなぎり]
【約126.5砕骨】 攻撃力 4663~8437 [MH20+みなぎり]

要するに、ネック+2・STR型装備の片手剣士は、攻撃22盾があって
初めて片手武器が両手武器と同じ土俵に上がるってことです
※個人の総攻撃力次第なんで、人によったら変わってくるかも

個人的には、この考察やって以下の3点から
片手剣士の方がいいなって思いました

①片手剣士はDEX制約無い為、命中さえ確保出来れば、
  攻撃靴・頭を装備可能(目は砕骨も装備可能なので除外)
 
②砕骨は、同じ速度の高レベ両手剣が今後出ない限り未来が無い

③片手は、110・120武器で攻撃130↑狙うことも可能

あくまで個人的な見解ですので、参考程度に見といてくださいw

少しでも他の英雄・パラしてる人のスタイルの幅が広がればって思ってますー!

スポンサーサイト
未分類 | コメント(19) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。